相続・事業承継

贈与の基本 〜そもそも贈与って何?〜

ヤギハシ先生
ヤギハシ先生
普通の生活をしていると、贈与ってあまり身近ではないよね。今回は「贈与とはそもそも何?」という人のために基本から解説していくよ。

贈与の基本

そもそも贈与とは?

ひとことで言うと「誰かに無償で財産を与えること」です。

そして贈与を受けた人(「受贈者」といいます)が納めなければならない税金が「贈与税」です。

贈与は贈与契約に基いて行われますが、一方的な意思表示だけでは贈与契約は成り立ちません。

財産を与える意思表示をして、相手がこれを受諾することで初めて贈与契約は成立します(こういった契約を諾成契約と言います)。

不要な財産を無理やり押し付けるのはダメだということですね。

贈与契約は口頭でもOK!

贈与契約は、書面で契約を結んだ場合はもちろん、口頭でもOKです。

ただし、書面の契約と口頭の契約では次のような違いがあります。

  • 口頭の贈与契約は、一方的に取り消しができる
    (契約の履行前であることが条件。財産を渡した後ではダメ)
  • 書面の贈与契約を取り消すには、お互いの合意が必要
    (書面であっても、夫婦間であれば一方的に取り消しができる)

 

贈与の種類

贈与には一般的な贈与(単純贈与)だけでなく、少し変わった種類のものがあります。

FP2級の試験対策として、次の3種類をおさえておきましょう。

定期贈与

その名の通り、定期的に行う贈与のことです。

例えば「毎年100万円ずつ10年間贈与する」といったものです。

定期贈与契約は、贈与者と受贈者のいずれか一方が死亡した時点で終了します。

つまり、毎年100万円を受け取る権利は相続人には継承されないということですね。
ここは大変重要なポイントなのでおさえておきましょう!

カピバラくん
カピバラくん
死んだアイツだから贈与してやったが、奥さんや子供にまで贈与してやる義理はないってことだな。

負担付き贈与

例えば「3,000万円の土地をあげるけど、代わりに土地の借入金2,000万円もよろしくね」というのが負担付き贈与です。

受贈者(贈与を受ける人)にも一定の負担をしてもらうよ、というものですね。

上のケースでは、土地の価値3,000万円から借入金2,000万円を差し引いた1,000万円に対して贈与税がかかることになります。

カピバラくん
カピバラくん
1万円あげるから、オレの代わりにFP試験受けてくれない?
しば犬くん
しば犬くん
丁重にお断りします!

死因贈与

例えば「私が死んだらこの株式をあげよう!」というように、贈与者の死亡により効力が発生する贈与のことです。

ややこしいのは贈与と言いつつ、
贈与税ではなく、相続税の課税対象になるということです。

生前の財産の移転には「贈与税」、死亡後の財産の移転には「相続税」が課されるのが基本的な考え方なので、ここは間違いないようにしましょう。

また、似たようなものに「遺贈(いぞう)」があります。「遺贈」とは、「遺言(ゆいごん、いごん)によって、財産を相続人以外の者におくること」です。

「死因贈与」と「遺贈」は混合しがちなので、違いをしっかりとおさえておきましょう。

  • 「死因贈与」は、贈与者と受贈者の間で合意が必要
  • 「遺贈」は、贈与者の一方的な意思表示でOK(受贈者の合意は不要)
  • どちらも相続税の課税対象
ヤギハシ先生
ヤギハシ先生
おつかれさまでした。次回は「贈与税」の基本を解説していくよ!

>>贈与税の基本〜贈与税額の計算と申告〜